Acoustics and Communication Team

教員

研究員

  • 小坂直敏
  • 津國 和泉(東京電機大学博士研究員)

博士課程

修士2年

修士1年

学部4年生

  • 青山 大輝
  • 石橋 智樹
  • 伊藤 圭祐
  • 大沼 翔矢
  • 菊池 駿仁
  • 桑原 拓泉
  • 駒場 颯斗
  • 斎藤 佑太
  • 西原 ちひろ
  • 福田 琢人
  • 森本 晴香
  • 山中 櫻子
  • 山本 采宙

学部3年生

  • 大友 愉陽

卒業生

OB/OGはこちら

 

last updated, 04/05, 2024

Yusuke Ikeda / 池田 雄介 Assistant Professor

東京電機大学 未来科学部 情報メディア学科 教授,博士(国際情報通信学)

略歴 (Biography)

2007年 早稲田大学大学院 博士取得(国際情報通信学)レーザを用いた音場の可視化の研究に従事。2007年 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 音声コミュニケーション研究所 研究員。科学技術振興調整費「新映像技術ダイブイントゥザムービーの研究」に従事。2009年 独立行政法人 情報通信研究機構 研究員。SCOPE「三次元音響空間を物理的に伝送するリアリティ音場通信に関する研究」に従事。2011年 京都大学大学院 工学研究科 建築学科 研究員。JST CREST「音楽を用いた創造・交流活動を支援する聴空間共有システムの開発プロジェクト」に従事。2013年 東京電機大学 環境情報学部 環境情報学科 プロジェクト助教。2015年 早稲田大学 基幹理工学部 表現工学科 助教 / 東京電機大学 情報環境学部 研究員。拡張現実を用いた音場の可視化、高速1bit信号を用いた超多チャンネル音場再生システム、無人航空機を用いた騒音マップの作成などの研究に従事。2017年 東京電機大学 未来科学部 情報メディア学科 助教。 2021年 東京電機大学 未来科学部 情報メディア学科 准教授。2022年 同学 教授。

Links

Yumi Kono/ 河野 有美
津國 和泉 / Izumi Tsunokuni

最終更新日:2023/10/10

Publication List

Awards

Grants

  • 日本学術振興会 特別研究員DC2(2022年04月-2024年03月)
  • 小野音響学研究助成基金(2023年4月-2024年3月)

Journal

International Conference(Peer Reviewed)

International Conference

  • Izumi Tsunokuni, Haruka Matsuhashi, and Yusuke Ikeda, “Direct sound field estimation based on sound source modeling with sparse equivalent sources,” InterNoise23, 2023.
  • Yukika Suzuki, Izumi Tsunokuni, and Yusuke Ikeda, “2.5 dimensional sound field reproduction based on mode matching and equivalent sources considering primary reflection,” InterNoise23, 2023.
  • Ayame Uchida, Izumi Tsunokuni, Yusuke Ikeda, and Yasuhiro Oikawa, “Mixed Reality visualization of sound field using the room impulse responses modeled by room geometry and physical model,” InterNoise23, 2023.
  • Ryota Matsumoto, Izumi Tsunokuni, Yukika Suzuki, and Yusuke Ikeda, “Sound field reproduction based on physical-model-based pressure matching with frequency dependent variable control region,” InterNoise23, 2023.
  • Yuya Obata, Yukika Suzuki, Izumi Tsunokuni, and Yusuke Ikeda, “Three-dimensional sound field reproduction using reflected sounds based on pressure-matching with equivalent sources,” InterNoise23, 2023.
  • Ryosuke Onizawa, Izumi Tsunokuni, and Yusuke Ikeda, “Visualization of scattered sound field by enclosing microphone array based on sparse equivalent source method,” InterNoise23, 2023.
  • Izumi Tsunokuni, Haruka Matsuhashi, and Yusuke Ikeda, “Sound field visualization based on sparse equivalent source with source radiation model,” Proc. of 24th International Congress on Acoustics (ICA2022), 2022.10. (ICA-ASA Young Scientist Conference Attendance Grant)
  • Haruka Matsuhashi, Izumi Tsunokuni, and Yusuke Ikeda, “Sound Field Visualization based on Sparse Equivalent Source Method using Image Sources Grouped by Arrival Time,” Proc. of 24th International Congress on Acoustics (ICA2022), 2022.10.
  • Yukiko Okawa, Haruka Matsuhashi, Izumi Tsunokuni, Yusuke Ikeda, and Yasuhiro Oikawa “Estimation of sound absorption coefficients based on machine-learning with virtual microphones,” Proc. of 24th International Congress on Acoustics (ICA2022), 2022.10.
  • Haruka Matsuhashi, Izumi Tsunokuni, and Yusuke Ikeda, “Spatial Interpolation of Early Room Impulse Responses Using Equivalent Source method based on Grouped Image Sources,” Proc. of InterNoise 2022, 2022.8.
  • Yukika Suzuki, Haruka Matsuhashi, Izumi Tsunokuni, and Yusuke Ikeda, “Sound Field Reproduction Based on Pressure Matching with Transfer Functions Modeled by Equivalent Sources and Image Sources, ” Proc. of InterNoise 2022, 2022.8.
  • Matsuhashi Haruka, Izumi Tsunokuni, Yusuke Ikeda, “Comparison of estimation of Room Impulse Responses in local region using small number of microphones,” Porc. of InterNoise 2021, 2021.8.
  • Matsuhashi Haruka, Izumi Tsunokuni, Yusuke Ikeda, “Modeling late reverberation in the extrapolation of room impulse responses using the sparse equivalent sources and the image source methods”, Proc. of ICSV27, 2021.7.
  • Izumi Tsunokuni, Kurokawa Kakeru and Yusuke Ikeda, “Pressure-matching-based 2D sound field synthesis with equivalent source array,” Proc. ICA2019, pp. 2701-2707, 2019.9.
  • Kurokawa Kakeru, Izumi Tsunokuni, Yusuke Ikeda and Yasuhiro Oikawa, “Dynamic local sound field synthesis with multi-channel 1-bit signal reproduction system,” Proc. ICA2019, pp. 3071-3076, 2019.9.
  • Izumi Tsunokuni, Kakeru Kurokawa, Yusuke Ikeda, Osaka, Naotoshi, “Sound Field Reproduction in Prism-Type Arrangement of Loudspeaker Array by Using Local Sound Field Synthesis,” 2018 AES INTERNATIONAL CONFERENCE ON SPATIAL REPRODUCTION — AESTHETICS AND SCIENCE, 2018.8.
  • Kakeru Kurokawa, Izumi Tsunokuni, Yusuke Ikeda, Naotoshi Osaka, Yasuhiro Oikawa, “Three-Dimensional Large-Scale Loudspeaker Array System Using High-Speed 1-Bit Signal for Immersive Sound Field Reproduction,” 2018 AES INTERNATIONAL CONFERENCE ON SPATIAL REPRODUCTION — AESTHETICS AND SCIENCE, 2018.8.

国内会議

  • 内田彩芽,津國和泉,池田雄介,及川靖広,”室形状情報と音場モデルを用いた複合現実技術による3次元音場の可視化”, 日本音響学会講演論文集,pp.787-788,2023.9
  • 鬼澤諒介,津國和泉,池田雄介,”スパース等価音源法に基づいた少数マイクロホンを用いた散乱音場の可視化”,日本音響学会講演論文集,pp.341-342,2023.9
  • 小畑悠矢,鈴木薫佳,津國和泉,池田雄介,”スパース等価音源法に基づく反射音を利用した三次元音場合成”,日本音響学会講演論文集,pp.339-340,2023.9
  • 松本綾太,津國和泉,鈴木薫佳,池田雄介,”等価音源法に基づいた制御領域可変型Pressure Matching 法による音場制御”,日本音響学会講演論文集,pp.337-338,2023.9
  • 津國和泉,池田雄介,”等価音源法に基づく音源放射モデルを用いた少数計測からの直接音場の推定”, 建築音響研究会資料,AA2023-26,2023.
  • 鬼澤諒介,松橋遼,津國和泉,池田雄介,“等価音源法を用いた音響拡散体による散乱音場の可視化”,情報処理学会第85回全国大会, 2023.3.
  • 小畑悠矢,鈴木薫佳,津國和泉,池田雄介,“等価音源法を用いたPressure Matching法に基づく反射音を利用した3次元音場再現の基礎的検討”,情報処理学会第85回全国大会, 2023.3.
  • 松本綾太,津國和泉,鈴木薫佳,池田雄介,“物理モデルを用いたPressure Matching法における周波数に応じた音場再現領域の可変”,情報処理学会第85回全国大会, 2023.3.
  • 鈴木薫佳,松橋遼,津國和泉,池田雄介,“物理モデルを用いたPressure Matching法に基づいた動的2.5次元局所音場再現”,情報処理学会第85回全国大会, 2023.3.
  • 内田彩芽,大川裕貴子,松橋遼,津國和泉,池田雄介,及川靖広,“室形状と物理モデルを用いた複合現実による音場の可視化”,情報処理学会第85回全国大会, 2023.3.
  • 池田雄介,津國和泉,松橋遼,内田彩芽,大川裕貴子,及川靖広,”複合現実技術と物理モデルを用いた音場の可視化”,アコースティックイメージング,騒音・振動研究会,2022.10. (招待講演)
  • 津國和泉,松橋遼,鈴木薫佳,池田雄介,“音源の指向性と位置誤差を考慮した等価音源を用いた初期室内インパルス応答のモデル化“,2022年日本音響学会秋季研究発表会,2022.9.(粟屋潔学術奨励賞
  • 松橋遼,鈴木薫佳,津國和泉,池田雄介,”反射音グループ化を用いたスパース等価音源法による室内インパルス応答推定”,2022年日本音響学会秋季研究発表会,2022.9.
  • 大川裕貴子,松橋遼,津國和泉,池田雄介,及川靖広,”等価音源法と機械学習を用いた少数計測による壁面吸音率の推定”,2022年日本音響学会秋季研究発表会,2022.9.
  • 鈴木薫佳,松橋遼,津國和泉,池田雄介,“等価音源法による一次反射音を考慮した音場のモデル化に基づく2.5次元音場再現“, 2022年日本音響学会秋季研究発表会,2022.9.
  • 津國和泉,松橋遼,池田雄介,“音源の指向性を考慮した等価音源法に基づく少数マイクロホンによる音場の可視化”,情報処理学会 第84回全国大会,2022.3.
  • 松橋遼,津國和泉,池田雄介,“反射音到来時間を用いた等価音源法による室内インパルス応答の空間補間”,情報処理学会 第84回全国大会,2022.3.
  • 鈴木薫佳,松橋遼,津國和泉,池田雄介,“反射音を考慮した等価音源法に基づくPressure Matching法による2.5次元音場合成”,情報処理学会 第84回全国大会,2022.3.
  • 大川祐貴子,松橋遼,津國和泉,池田雄介,及川靖広,“機械学習を用いた等価音源分布からの壁面の音響インピーダンス推定の検討”,情報処理学会 第84回全国大会,2022.3.
  • 津國和泉,松橋遼,池田雄介,”音源の指向性を考慮した等価音源を用いた局所領域室内インパルス応答のモデル化”,日本音響学会2021年秋季研究発表会,2021.9.
  • 松橋遼,津國和泉,池田雄介,”虚像法とスパース等価音源法を用いた局所領域の室内インパルス応答推定,” 日本音響学会2021年秋季研究発表会,2021.9.
  • 鈴木薫佳,松橋遼,津國和泉,池田雄介,”等価音源を用いたPressure Matching法による2.5次元音場合成の実験的検討”,日本音響学会2021年秋季研究発表会,2021.9.
  • 津國和泉,松橋遼,黒川翔瑠,池田雄介,小坂直敏,”少数マイクロホンアレイによる三次元初期インパルス応答の外挿”,日本音響学会2020年秋季研究発表会,2020.9.(学生優秀発表賞)
  • 松橋遼,津國和泉,池田雄介,小坂直敏,“等価音源法を用いた室内インパルス応答外挿法の数値シミュレーション”,日本音響学会2020年秋季研究発表会,2020.9.
  • 黒川翔瑠,津國和泉,池田雄介,小坂直敏,及川靖広,“多角形スピーカアレイを用いた局所音場合成における音像定位評価”,日本音響学会2020年秋季研究発表会,2020.9.
  • 津國和泉,田中琴美,池田雄介,小坂直敏,”等価音源法を用いた少数マイクロホンによる一次反射音場の可視化,” 日本音響学会2020年春季研究発表会,2020.3.
  • 黒川翔瑠,津國和泉,池田雄介,小坂直敏,及川靖広,”多チャンネル高速1bit信号を用いた局所音場合成による音場の可聴化,” 第5回アコースティックイメージング研究会, 2020, 2.
  • 黒川翔瑠,津國和泉,池田雄介,及川靖広,”高速 1bit 信号を用いた動的局所音場合成システムの試み,” 第20回 1bitオーディオ研究会, 2019, 12.
  • 津國 和泉,田中 琴美,黒川 翔瑠,池田 雄介,小坂 直敏, “等価点音源を用いた局所領域への直接音伝達関数の推定”,   日本音響学会2019年秋季研究発表会, 2019.9
  • 田中 琴美,津國 和泉,池田 雄介,小坂 直敏, “等価点音源による局所音場への一次反射音伝達関数の推定”,   日本音響学会2019年秋季研究発表会, 2019.9
  • 黒川 翔瑠,津國 和泉,渡辺 靖明,池田 雄介,小坂 直敏,及川 靖広,“多チャンネル高速1bit信号を用いた動的局所音場合成システム”,    日本音響学会2019年秋季研究発表会, 2019.9
  • 津國 和泉, 黒川 翔瑠, 池田 雄介, 小坂 直敏, “等価二次点音源による局所領域への直接音伝達関数のモデル化に関する基礎的検討”,    第32回 回路とシステムワークショップ, pp. 276-277, 2019.8
  • 黒川 翔瑠, 津國 和泉, 池田 雄介, 小坂 直敏, 及川 靖広, “多チャンネル高速1bit信号を用いた動的局所音場合成システムの構想”,   第32回 回路とシステムワークショップ, 2019.8
  • 津國和泉,黒川翔瑠,池田雄介,”仮想スピーカを用いた局所音場合成における頭部反射の再現精度への影響”,   2019年日本音響学会春季研究発表会, 2019.3
  • 黒川翔瑠, 津國和泉, 池田雄介, 及川靖広,”仮想スピーカを用いた動的局所音場合成の基礎的検討”,   2019年日本音響学会春季研究発表会, 2019.3
  • 津國 和泉,黒川 翔瑠,池田 雄介,小坂 直敏, “Focused Sourceを用いた二領域共有音場制御における再現精度”,   2018年日本音響学会秋季研究発表会, 2018.9
  • 黒川 翔瑠,津國 和泉,池田 雄介,小坂 直敏,及川 靖広, “多チャンネル高速1bit信号を用いた没入型3次元音場再生システム”,   2018年日本音響学会秋季研究発表会, 2018.9
Ayame Uchida / 内田 彩芽

Publication List

受賞

International Conference (Peer Reviewed)

International Conference

  • Ayame Uchida, Yukiko Okawa, Yusuke Ikeda, and Yasuhiro Oikawa, “Mixed Reality Visualization System for the 3D sound intensity using PAGE method and spatial interpolation,” In Proceedings of InterNoise 2022, 2022.8.
  • Ayame Uchida, Yukiko Okawa, Yusuke Ikeda, and Yasuhiro Oikawa, “Mixed Reality Visualization System for the 3D sound intensity estimated by PAGE method using 3D spatial interpolation,” In Proceedings of 24th International Congress on Acoustics (ICA2022), 2022.10.
  • Ayame Uchida, Izumi Tsunokuni, Yusuke Ikeda, and Yasuhiro Oikawa, “Mixed Reality visualization of sound field using the room impulse responses modeled by room geometry and physical model,” In Proceedings of InterNoise2023, 2023.8. (I-INCE Young Professional INTER-NOISE 2023 Congress Attendance Grants Award)
  • Ayame Uchida, Gen Sato, Yusuke Ikeda, and Yasuhiro Oikawa, “Mixed reality visualization of data-driven sound-field simulation using room geometry,” In Proceedings of the International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT), 2024.1.

国内会議

  • 内田彩芽,大川祐貴子,渡辺靖明,池田雄介,及川靖広,“複合現実技術を用いた三次元音響インテンシティ可視化システムへのPAGE法の適用,”2021年日本音響学会秋季研究発表会,2021.9.
  • 内田彩芽,大川祐貴子,渡辺靖明,池田雄介,及川靖広, “不規則間隔音響インテンシティの空間補間を用いた複合現実による音場可視化システム,” 情報処理学会第84回全国大会,2022.3.
  • 内田彩芽,大川祐貴子,池田雄介,及川靖広,“3次元等間隔音響インテンシティ分布による複合現実技術を用いた音場可視化システム,” 2022年日本音響学会秋季研究発表会,2022.9.
  • 池田雄介,津國和泉,松橋遼,内田彩芽,大川祐貴子,及川靖広,“複合現実技術と物理モデルを用いた音場の可視化,”アコースティックイメージング,騒音・振動研究会 ,2022.10.(招待講演)
  • 内田彩芽,大川祐貴子,松橋遼,津國和泉,池田雄介,及川靖広,“室形状と物理モデルを用いた複合現実による音場の可視化,” 情報処理学会第85回全国大会,2023.3.
  • 内田彩芽,津國和泉,池田雄介,及川靖広,“室形状情報と音場モデルを用いた複合現実技術による3次元音場の可視化,”  2023年日本音響学会秋季研究発表会,2023.9. (学生優秀発表賞)